ホームページを誰でも作れる時代

1990年代から2000年代前半までは、個人や中小企業などクオリティの高いホームページを作るのが困難な時代でした。そして、クオリティの高いものを作ろうとすると、高い利用金を支払って外注するしかなかったところがあります。しかし、様々なホームページ作制関連ツールが登場してきた事により、今では最低限の知識さえあれば誰でもクオリティの高いホームページを作れるようになっています。

最低限必要な知識とは?

現在は昔に比べてネット上のWebページの数が多いため、簡単にはサーチエンジン上位を確保できなくなっています。SEO施策をきっちりと行わないとならないため、HTMLに関する知識をマスターする事は重要です。その他、デザイン性の向上のためにスタイルシート(CSS)に関する知識をある程度覚える必要もあります。

レンタルサーバーと契約して作る

続いて、実際の作り方としては出来る限り安く作りたい場合、月額利用料が100円程度で済むレンタルサーバーと契約するのが安上がりです。各レンタルサーバーではホームページ作りに便利なCMS(コンテンツマネージメントシステム)を簡単にインストールする事が可能です。そして、インストールした無料CMSを利用すれば、毎月のコストはレンタルサーバー代金のみで済みます。

クラウド型CMSと契約する

サーバーインストール型のCMSは無料で利用できるものが多いものの、初心者にはやや操作が難しいのが難点です。うまく使いこなせるか心配な場合は別の方法もあり、月額費1000円程度で済むクラウド型CMSと契約すればブログ感覚でホームページを作れます。

ホームページ制作は今では簡単にできるようになりました。難しいプログラミングの知識がなくても、ソフトを使えば誰でもできます。