スマホが水没した時にやるべきこと

スマホを水没させてしまった時は、慌てずに応急処置を施すことが大切です。まずはタオルなどで水気をふき取り、電源パックやSIMカードを外します。その後は天日干しして乾燥させます。乾燥剤と一緒にジップロックに入れるのも良い方法です。電源を入れてしまうとショートを起こしてスマホが壊れてしまう恐れがあるために、電源は入れないことが重要です。応急処置を試したら早めにショップにもっていくようにしましょう。無事復旧させることができれば良いですが、復旧できずに修理が必要となるケースもあります。特に海水などの不純物の多い水に水没させた場合では復旧できる確率が低くなってしまいます。修理が必要な場合では、キャリアの補償サービスを受けられるかどうかによって修理費用は変動しますが、基本的に無償ではなく自己負担での修理となります。

画面のガラスが割れた時の対処方法

スマホの画面が割れた場合、新品に交換しなければならないケースに備えて、あらかじめバックアップを取っておくことがポイントです。損傷が激しくても、パソコンの有線マウスを使うことで操作できることもあります。修理するにはキャリアショップか修理専門ショップに持ってい来ます。ラップなどでスマホを包んでおくと、スマホを持つ際に割れ目で指を傷つけないのでおすすめです。キャリアショップでの修理は、補償サービスが受けられる場合に修理費用を安く抑えることができます。修理専門ショップに持っていく場合では、補償サービスがないので修理費用が高めです。しかし、キャリアショップで交換すると1日以上かかるのに対し、修理専門ショップでは短期間で修理を終えられるメリットがあります。

スマホ修理は店によって扱う機種が異なります。まずは自分の機種がその店で対応している機種かどうかを確かめ、作業内容や料金を比較してみることが大事です。